自由に

紙袋を腕にかけている

最近売り出されているランドセルは、デザインだけでなく色使いや加工、使われている金具などのバリエーションが実に豊富で、いろいろな工夫がなされています。ブランドものやキャラクターものなどのほか、自分で色や細部のデザインを自由に選んでオーダーメイドできるものもあり、そういったものを選ぶ子どもは自分だけの個性豊かなランドセルを手に入れることができます。 ここ数年は、教材の大型化に対応してA4サイズのファイルでもらくらく収納できるものや、整理がしやすいように中に仕切り板がついているものが多く売り出されています。また、防犯を意識して反射板が付いていたり、防犯ブザーを取り付ける金具があるなど、子どもが毎日安全に登校できるようさまざまな工夫がなされている商品が人気を集めています。

ランドセルの専門メーカーは数多く存在し、デザインの独創性や手作業へのこだわりなど、業者によってその特徴はさまざまに異なります。最近では専門メーカーだけでなく大手の企業がランドセル業界に参入する形が増えており、こうした企業はランドセルを大量生産し、大型ショッピングセンターで大々的に売り出しています。 このように、現在ランドセルを選ぶには実に多くの選択肢が用意されておりますので、商品選びに失敗しないためには、もっとも気に入った商品が見つかるまで後悔のないようにさまざまな商品を比較検討することが大切です。そのためにはインターネットの比較サイトを利用するほか、各社のパンフレットを取り寄せて見比べてみたり、実際に店舗に足を運んで子どもに背負わせてみて、その感触を確かめることも重要です。